Event is FINISHED

[無料オンラインセミナー]英字新聞で鍛える!英語ディスカッション入門 英会話イーオン × The Japan Times Alpha

Description

■イベント名

英会話イーオンと英字新聞ジャパンタイムズの共催イベント第8弾
「英字新聞で鍛える!英語ディスカッション入門」

■日時

2020年9月12日(土)11時~12時

■主催

株式会社イーオン
株式会社ジャパンタイムズ
株式会社ジャパンタイムズ出版

■概要

英会話のイーオンと英字新聞社ジャパンタイムズが毎年実施している共催イベント、今回はオンラインでの開催となります。

テレワークやウェビナーなど、ビジネスや学びを取り巻く社会環境が、いま急速にオンラインにシフトしています。コミュニケーションの物理的な距離がなくなり、仕事やプライベートで海外の方たちとのオンラインによる交流が増えている方も多いのではないでしょうか。

そんな、コミュニケーションの手法が多様になったいま、改めて求められているのが語学力です。今回のオンラインセミナーでは、英文記事からディスカッションレベルの英語力を手に入れる方法を学ぶことができます。また、実際にディスカッションの入門編を、参加者のみなさんに体験していただきます。

今回はWeb会議システム「Zoom」を使用してオンラインディスカッションを行います。「非言語コミュニケーション( Non-Verbal Communication )」の観点から、参加されるみなさまは、Webカメラをオンにして参加していただきます(下記「ディスカッションに必要な、あなたの表情」をご参照ください)。

■内容

インプットを工夫すれば ディスカッションレベルの英語力が手に入る」(25分)(使用言語:日本語)
講師:高橋敏之(The Japan Times Alpha 編集長)


英語ディスカッションで使える表現を学ぶ(25分)(使用言語:英語)
講師:Jun Onishi(イーオン講師)


英語学習のお悩み相談(10分)(使用言語:英語/日本語)
事前に参加者のみなさまから募集した英語に関する質問に、高橋先生とJUN先生がお答えします。

■講師プロフィール



高橋 敏之 (The Japan Times Alpha編集長)

慶應義塾大学卒業。英語講師などを経て、2007年にジャパンタイムズ入社。Alphaの前身の週刊ST編集部配属となり、国際ニュースページや英語学習コラムの執筆等を担当。2012年10月より現職。Alpha編集の傍ら、企業・大学での英語研修や英語学習に関する講演会等を行う。TOEIC®L&Rテスト990点満点取得、英検1級。著作に「英語 最後の学習法」(JT出版刊)



Jun Onishi (株式会社イーオン)
英会話イーオン 経営戦略本部 教務企画課所属。幼少期から大学卒業までカナダ、米国のニューヨーク州・テキサス州で過ごす。2007年にイーオン入社。中国・四国エリアのスクールで外国人教師として英語を教える。その後、教務トレーナーとして新人教師の育成を担当。現在はイーオン東京本社に勤務し、様々な新規プロジェクトの立ち上げに携わっている。小学生向け新聞『読売KODOMO新聞』の英語コーナー「What’s up? English」の監修も担当。趣味はバスケットボール観戦、ゲーム。
 
■参加費
無料


■定員
120名(先着順) ※ご好評につき、8月20日に定員を20名増やしました。

■対象
年齢不問 

■受講に際しての英語力目安
英検2級/TOEIC600相当

■お申し込み期限
2020年9月11日(金)17:00 (要予約・定員に達したら申し込みを締め切ります)

■開催日時
2020年9月12日(土)11:00~12:00

■タイムスケジュール
第一部「インプットを工夫すれば ディスカッションレベルの英語力が手に入る」(11:00~11:25)(使用言語:日本語)
第二部「英語ディスカッションで使える表現を学ぶ」(11:25~11:50)(使用言語:英語)
第三部「質疑応答」(11:50~12:00)(使用言語:英語/日本語)

―――――――――――――――――――――――――――

■ ご参加にあたって

下記の諸条件をよくお読みの上、参加申し込みをお願いします。※お申し込みと同時に、諸条件についてはご承諾いただいているとみなさせていただきます。

▽ 本セミナーはZoomアプリを使用します。
▽ パソコン・タブレット・スマートフォン、いずれの機器でも受講可能です。※Zoomアカウントの取得については、必須ではありませんが、接続トラブルの際に早期に原因特定を行うことが可能となります。Zoom無料アカウントの作成をいただくことを推奨いたします。
▽ 通信料はお申込者ご本人にご負担いただきます。
▽ 第1部、第3部は講義形式ですので、マイクをミュートにしてご参加ください。
▽ 第2部では他参加者と少人数のグループに分かれて、英語でのディスカッション体験をしていたく時間がございます。
▽「ネットワーク環境が安定した場所」からご参加ください。

■ オンラインディスカッション時のカメラ画像や氏名表記などについて

▽ セミナー中は、カメラをオンにして、表情を確認できる形でのご参加をお願いいたします。※パソコンを使用する場合は、Webカメラ(内蔵WebカメラもOK)が必要です。
▽ 氏名については、イベント当日のZoomログイン時に「氏名のひらがな表記」「仮名」に変更しておくことをお勧めします。※カメラ画面に表示されるアカウント名は当日参加者のみなさんが見ることができます。

―――――――――――――――――――――――――――

■「ディスカッションに必要な、あなたの表情」

日々の生活やビジネスシーンなどにおいて、円滑なコミュニケーションを取るためには、話す内容はもちろん、それ以上に「表情」や「視線」「話し方」などが重要であるといわれています。そのような、言葉によらないコミュニケーションを「非言語コミュニケーション( Non-Verbal Communication )」といいます。

例えば、みなさんの会社や学校で、同じような内容のことを話しているのに、特定のひとの主張がより説得力があり聞きやすかったという経験はないでしょうか。もしかしたらそのひとは、優れた「ノンバーバルコミュニケーション能力」を持っていたのかもしれません。

普段みなさんが、黙っている相手の感情を「穏やか」「怒っている」と読み取ることが出来るように、表情はそのひとの感情が見えやすいところだといわれています。ディスカッションにおいても「表情」や「視線」「話し方」は非常に重要です。

今回のオンラインディスカッションでも、ぜひみなさんの豊かな表情を駆使して、相手に自分の主張を伝えてみましょう。

―――――――――――――――――――――――――――

■ イベントの録画について
社内利用としてイベントの模様は録画されます。参加者の肖像権含め個人情報は保護されます。後日、3社サイトにて公開される場合でも、参加者の姿や声、質疑応答時の氏名などは公開されません。

―――――――――――――――――――――――――――

■ お申込みから当日までの流れ

▽ 受付は先着順です。定員になり次第締め切らせていただきます。お申し込みの際にはPeatixへのログインが必要です。
▽ 2020年8月末日に、ご登録のメールアドレス宛に事前資料のダウンロード用のURLをお送りいたします。資料は英文記事3本・ディスカッション時の質問4問です。イベント当日までに、目を通していただき、ご自身のオピニオンを簡単にまとめておいてください。
▽ 開催前日に、ご登録のメールアドレス宛にZoomのURLを送らせていただきます。

―――――――――――――――――――――――――――

■  イベント開催の特記事項

▽ 本イベントの内容の著作権は、株式会社イーオンと株式会社ジャパンタイムズと株式会社ジャパンタイムズ出版(以下、「3社」)に帰属します。本イベントの内容を他で利用することを禁じます。
▽ 主催者の諸般の事情や、天変地異など不可抗力の事態により、本イベントの一部あるいは全部を中止させていただく場合がございます。本イベントの一部あるいは全部を中止する場合は、両社から参加者に対して、イベント開始48時間以前に中止の旨を参加申込者にPEATIXアカウントメールにて事前に告知します。ただし、事由によっては事前の告知が行えない場合があることをあらかじめご了承ください。
▽ 必要なもの
スマートフォン・パソコン(PC、Mac、iPad、iPhone、Androidデバイス対応)
※フューチャーフォン(ガラケー)ではご参加いただけません。
イヤホン(任意)
▽ 遅刻・欠席について
・当日お時間に間に合うようご準備をお願いいたします。
・インターネット回線速度及び、パソコンの動作検証についてはお申込者ご本人にてご確認をお願いいたします。

―――――――――――――――――――――――――――

■  注意事項
▽ インターネット経由でのライブ中継です。回線状態などにより、画像や音声が乱れる場合があります。また、状況によっては、講義を中断し、再接続して再開する場合があります。予めご了承ください。
▽ 本セミナーはお申し込みいただいた方のみ受講いただけます。
▽ ご参加なさる際には集中できる環境をつくり整えた状態でご参加ください。
▽ セミナーの録画録音、動画URLの無断共有、講師又は他参加者へのチャットやブレイクアウトルーム内での誹謗中傷、参加者による情報公開は固く禁止させていただきます。
▽ その他運営で「不適切」と判断できる行為が発見された場合は、直ちにご退場いただきます。

―――――――――――――――――――――――――――

■個人情報の取り扱いについて

▽ 本イベントにおいて株式会社イーオン(以下「イーオン」)が取得した参加者の連絡先、その他の個人情報は、イーオンの定めるプライバシーポリシーに基づき管理するものとします。
参加者は、イーオンが定めるプライバシーポリシーに従って、本イベント登録時に入力された情報をイーオンが取得、使用および開示することに同意するものとします。
参加者の個人情報は、次の利用目的のために取得するものとします。
(1)本イベントの運営管理
(2)本イベントに関する連絡
(3)イーオンが運営するセミナーその他のお知らせの配信

▽ 本イベントにおいて株式会社ジャパンタイムズ(以下「JT」)が取得した参加者の連絡先、その他の個人情報は、JTの定めるプライバシーポリシーに基づき管理するものとします。
参加者は、JTが定めるプライバシーポリシーに従って、本イベント登録時に入力された情報をJTが取得、使用および開示することに同意するものとします。
参加者の個人情報は、次の利用目的のために取得するものとします。
(1)本イベントの運営管理
(2)本イベントに関する連絡
(3)JTが運営するセミナーその他のお知らせの配信

▽ 本イベントにおいて株式会社ジャパンタイムズ出版(以下「JTP」)が取得した参加者の連絡先、その他の個人情報は、JTPの定めるプライバシーポリシーに基づき管理するものとします。
参加者は、JTPが定めるプライバシーポリシーに従って、本イベント登録時に入力された情報をJTPが取得、使用および開示することに同意するものとします。
参加者の個人情報は、次の利用目的のために取得するものとします。
a)
取得した個人情報は,次の各号に定める目的の範囲内で利用します。
(1)JTPウェブサイト上でのサービス(以下「オンラインサービス」といいます。)の提供およびこれに伴う事務処理(JTP顧客データと購読状態の照合作業を含む)
(2)利用者からの問い合わせおよび苦情への対応
(3)利用者の関心に即したオンラインサービスの企画開発(利用者に対してアンケートを実施することがありますが,アンケートによって収集された個人情報が第三者に開示されることはありません。)
(4)JTP,コンテンツ提供者または広告主の商品およびサービスの案内、ならびにアンケートの実施(収集された個人情報が第三者に開示されることはありません。)
(5)各種懸賞等に当選した利用者への通知
(6)メールマガジンの配信(希望者のみ)
b)
上記の利用目的の範囲を超えて個人情報を利用する場合は,あらかじめ利用目的を明示し,本人の同意を得るものとします。

―――――――――――――――――――――――――――

「申し込んだのに、事前資料が届かない」「ZoomのURLが送られてこない」など、ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

[お問い合わせ]

イーオンインフォメーションセンター 
TEL:0800-111-1111(フリーコール)
月~金:10時~21時/土日祝:10時~19時
※携帯・PHSからつながりますが、一部の電話機およびIP電話からはつながりません。

株式会社ジャパンタイムズ
edusales@japantimes.co.jp 
※件名に「共催イベント2020」とご記載ください。

Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#704361 2020-08-20 02:17:12
Sat Sep 12, 2020
11:00 AM - 12:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
入場券 FULL
Organizer
The Japan Times
1,150 Followers
Attendees
120

[PR] Recommended information